ロイ・リキテンスタイン「溺れる女」アートボード

ロイ・リキテンスタイン

ニューヨークの近代美術館MoMA製アートボードのデッドストックです。この記事は King Kong Helmets にて掲載したものをコンテンツとして再掲載しています。その為、商品は SOLD OUT となります。

ロイ・リキテンスタイン「溺れる女」の作品の特徴を3つのポイントでまとめました。

  1. 主題に漫画を選びました。
    第二次世界大戦後のアメリカで映画、雑誌、広告、漫画、音楽といった大衆文化が飛躍的な繁栄をする中、強烈なインパクトと表現力のある漫画を主題に選びました。
  2. 印刷によるドット(網点)を描写。
    機械印刷の際に陰影を表現するために使われるドット(網点)を全て手描きで描き込みました。そのことにより、絵画ではあるが、印刷物を拡大した「物そのもののように見える」ことを追求しました。
  3. 表現方法
    漫画の平面性を強調し、色彩は原則として三原色(赤・青・黄)と白・黒の五色で表現しました。また陰影はドット(網点)の大小や密度で表現しています。

以上がロイ・リキテンスタインの作品に関して個人的に認識している内容です。デッドストックになりますのでご興味のある方はお早めに!