ドラクロワ「民衆を導く自由の女神」

ドラクロワ「民衆を導く自由の女神」

18世紀末~19世紀初頭、古代ギリシア・ローマのリバイバルが起こりました。

その新古典主義に抵抗したロマン主義を代表する画家のひとりがドラクロワです。

ドラクロワ自身は古典主義者と称していましたが、

実際に起きた事件などを鮮やかな色彩とダイナミックな構図で描きました。

そしてフランス7月革命を描いたのが、

「民衆を導く自由の女神」で

中央の女性は人物としてではなく自由の象徴として描かれています。

またこの作品ではより奥行きを強調して表現するために

短縮法が使われているのも特徴です。