モネ「睡蓮」

モネ「睡蓮」

印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネ。

「印象派」という名称はモネの作品「印象-日の出」の作品名がきっかけとなり

広まりました。

印象派の画家たちは天候や時間による光の作用で色調が多彩に変化する、

その感覚的な印象を表現しようとしました。

「睡蓮」は約200点にも及ぶモネの代表的な主題ですが、晩年の作品の為、

フォーヴィスムやキュビスムなどの新たな芸術潮流が起こっている時代に

制作されました。

こちらの「睡蓮」はオランジュリー美術館の第1室にある

大装飾画「睡蓮-緑の反映」になります。