アンディ・ウォーホル「キャンベルスープ缶」アートボード

アンディ・ウォーホル

ニューヨークの近代美術館MoMA製アートボードのデッドストックです。この記事は King Kong Helmets にて掲載したものをコンテンツとして再掲載しています。その為、商品は SOLD OUT となります。

アンディ・ウォーホル「キャンベルスープ缶」の作品の特徴を3つのポイントでまとめました。

  1. 大衆文化に主題を求めました。
    第二次世界大戦後のアメリカの映画、雑誌、広告、マンガ、音楽といった大衆文化の飛躍的な繁栄を背景にそれまでの絵画にあった高尚な主題や社会的主張を取り払い、日常生活における大衆文化に主題を求め表現しました。
  2. アメリカの大量生産、大量消費という時代を表現しました。
    第二次世界大戦後のアメリカにて大量生産、大量消費される製品のように、なかば機械化された制作工程であるシルクスクリーンの技法により作品を大量生産し、アートは大衆的で、見るだけでなく買うもの(消費するもの)として大量消費しました。このことはコンセプチュアルアートにも通ずる要素でもあり、作品の価値を高める重要な部分であったと言える。
  3. シルクスクリーン技法
    版画であるシルクスクリーンの技法を大量生産するのに合理的な方法として用いました。

以上がアンディ・ウォーホルの作品に関して個人的に認識している内容です。デッドストックになりますのでご興味のある方はお早めに!