ジョット「キリスト十字架像」

ジョット「キリスト十字架像」

ジョットは中世のゴシック美術の画家、

または初期ルネサンスの画家と位置付けられることもあります。

レオナルド・ダ・ヴィンチの圧倒的な知名度と比べると、

美術好きな人以外は「聞いたことある」くらいの感覚だと思いますが、

レオナルド・ダ・ヴィンチに匹敵する最重要人物です。

ジョットとレオナルド・ダ・ヴィンチの関係は

セザンヌがいたからピカソ(キュビスム)がうまれた関係に似ています。

ジョットは神の国の物語を現実的な空間表現、身体表現、感情表現で描き、

やがてレオナルド・ダ・ヴィンチらが西洋美術の規範となる

三次元的な空間を二次元上に再現する立体表現と

調和のとれた人間の身体表現を築きました。

この「キリスト十字架像」は

マラテスティアーノ教会にあるもので、

明確にジョットのものであるとされる数少ない作品のひとつです。