ルーベンス「キリスト昇架」「キリスト降架」

ルーベンス「キリスト昇架」

ルーベンス「キリスト降架」

ルネサンス後のバロック期を代表する画家ルーベンス。

「キリスト昇架」と「キリスト降架」は

バロック絵画の特徴が色濃く表現された、“これぞバロック”な作品です。

バロック期の絵画の特徴は地域により違いはありますが(西洋美術史Ⅰ 参照)、

ルネサンスの規則正しい安定した構図に対し、

斜めで動きがあり、そして光と影を強調して、ドラマチックに展開しています。

そしてこの作品は名作アニメ「フランダースの犬」で画家を目指す主人公ネロが、

最後に見た絵画としても有名です。